電話占いで助けを求めよう

世の中は全てシステム化されて居ます。個人的な感情では、どうする事も出来ない場合が多いのです。
昔の様に、義理人情では暮らせない社会になって居ますから、私も組織に関わって居る以上、そのルールを破る訳には行かないのです。

私自身も辛い体験は多く積んで居ます。その体験や経験があるので、この様な仕事が出来るのです。
私は、34年前に心臓の検査中に意識を失い、昏睡状態から脳死状態へと進み、生死をさ迷った苦い経験があります。
今では、脳死から蘇った奇跡の神霊師をキャッチフレーズに使って居ますが、医学の世界に殺されそうになった一人です。
事実は小説より奇なりと言いますが、世の中には、表に出て居ない酷い話が沢山あります。
今回はイジメの話をしましたが、実際にイジメをやって居る人が、自分がどれほど酷い事をして居るのか?
また、被害に合って居る人の気持ちなど分からないと思います。

もしかしたら、自分の苛立ちを解消する程度の軽い気持ちなのかも知れません。
被害に合わなければ、被害者の気持ちなど分かりませんからね。

私達人間は、決して一人では生きられません。常に人間関係が存在して居ます。その輪を乱さない人生が、魂を持って産まれて来た私達は、決して忘れては行けないと思います。

自分が傷付いた時は、一度自分の姿を振り返って見ましょう。
魂の世界では、災いを起こす者は、必ず同じ様な痛みを味わうと言われて居ます。
人を傷付けた者は、必ず自分も傷付くと言う事です。

私も世の中を恨んだ一人ですから、偉そうな事は言えませんが、人間関係や世の中に、恨みを抱えて居る限り幸せを感じる事は難しいかも知れません。
これは私自身が感じた事ですが、今でも医学に対する不信が消えた訳ではありませんが、検査を行った医師を恨むのは止めました。
医師だけが悪い訳では無く、医学的なシステムの問題もありますからね。

そんな経験も、今では他人の痛みを理解する事に一役かって居ます。

『全ての事には意味がある!』
私は、その事を強く感じて生きて居ます。

人の心を傷付ける者は、社会的な地位は別にして、心は貧しい人なんです。そう思って乗りきって欲しいです。必ずその体験が役立つ時が来ます。他人の痛みを理解出来る素晴らし魂に成長します。
自殺したくなるほど今が辛ければ、直ぐ逃げても構いません。ですから、他人を恨むのはだけは止めましょう。

辛くなったら人の手を借りましょう電話占いでも構いません。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.